CT・手術室完備の歯医者、小田急相模原ペアナード歯科、院内・機器のご紹介

  • インプラント
  • 診療内容
  • 院内・設備紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
▼臨時休診のお知らせ
4月29日~5月4日は都合により、 休診とさせていただきます。当日急患の患者様は当番医へご連絡ください。
地図

〒252-0314
神奈川県相模原市南区南台5-11-19
ペアナードオダサガ 3F
小田急相模原駅 北口より徒歩2分

お問い合わせフォーム
携帯サイト

院内・設備紹介

イメージ

ここでは、小田急相模原ペアナード歯科の設備や機器についてご紹介をします。

院内の様子

  • 入口

    入口

    エスカレーターを昇るとすぐに医院がございます。

  • 受付

    受付

    スタッフが笑顔でお出迎えします。院内は落ち着ける、木目調で統一されています。

  • 待合室

    待合室待合室

    待合室には、大型のモニターも完備しています。

  • バリアフリー

    バリアフリー

    院内はバリアフリーとなっています。
    ベビーカーや車いすの方でも、そのまま院内に入っていただけます。

  • 個室タイプの診療室・手術室

    当院の診療室は、他の患者様に治療の様子を見られる心配のない、個室タイプとなっていますので、周りに気兼ねなく、治療を受けていただけます。
    また、インプラントや口腔外科手術の際に使用する手術室も完備しております。

    個室診療室
    個室診療室タイプの診療室・手術室 個室診療室タイプの診療室・手術室

    診療室はベージュの診療ユニットで明るいお部屋になっています。

    手術室
    手術室手術室

    手術室は、落ち着いたブラウンの診療ユニットを採用し、リラックスしていただけるよう配慮しています。
    また、手術用のライトも完備しています。

    診療ユニット
    診療ユニット

    診療ユニット(治療台)は、長時間の治療の場合でも疲れにくいよう、ふかふかのシートを導入しています。

ページの先頭へ戻る

機器のご紹介

  • 安心・安全なレントゲン撮影

    歯科用CT
    歯科用CT

    CTによる診査は、インプラントや歯周病の治療にかかせません。
    従来のレントゲンの画像は平面でしたが、歯科用CTは、立体的に撮影することができるため、歯の根の状態や、歯周病の進行具合、神経や血管までの距離が正確に診断することが可能です。
    また、必要な部分だけを撮影ができるので、被曝量を最小限に抑えることができます。

    デジタルレントゲン
    デジタルレントゲン

    デジタルレントゲンは、アナログのレントゲンに比べて、放射線量が最大で1/10程度まで抑えられた物になりますので、身体に優しく、お子様からお年寄りの方まで、皆様に安心してご使用いただけます。また、撮影後はお待たせすることなく、診療室のモニターに映すことが可能です。

  • 説明用モニター・ipad

    説明用モニター・ipad説明用モニター・ipad

    診療台の前には、大型のモニターが設置されています。
    CTやレントゲンの画像や、説明用の動画などを映し、分かりやすいご説明に努めています。
    また、当院ではカウンセリングを徹底し、綿密な治療計画を立て、患者様がご納得いただけるまで、ご説明します。

  • インプランター

    インプランター

    インプラント治療の際に使用する専用のマイクロモーターです。
    インプラントを入れる際に、顎の骨にできるだけ影響を与えないよう、低速回転で穴をあける機器です。
    顎の骨の状態は、患者様ごとに異なり、年齢によって骨密度も変わってきます。
    こちらを使用することで、施術部位や骨の状態に応じた設定が行え、安全なインプラント治療が行えます。

  • ホワイトニング用照射器

    ホワイトニング用照射器

    院内で行うホワイトニング用のライトです。
    高濃度の薬品を歯に塗布したあと、こちらの照射器で光を当てることで、歯を白くしていき、ご自宅で行うホワイトニングよりも短時間で白くすることが可能です。
    さらに、光源はLEDを採用しているため発熱が少なく、患者様のご負担にならず、身体に優しいライトです。
    また、当院には、ホワイトニングコーディネーターの資格を持った歯科衛生士が在籍しております。ご要望などをしっかりとお伺いしてから施術します。

  • 衛生管理・感染予防対策

    当院ではとにかく清潔であることが大切と考え、衛生管理の徹底に努めています。100%院内感染を予防するため、機器の洗浄・滅菌の作業は数段階にわたります。

    超音波洗浄器
    超音波洗浄器

    超音波の細かい振動により、たんぱく質や血液を除去する機器です。
    使用した治療器具は、まず洗浄液で手洗いし、こちらの洗浄器で手洗いだけでは落とせなかった汚れを除去します。

    滅菌パック
    滅菌パック

    器具の保管時も滅菌状態を保つためのパックです。超音波で洗浄した器具はこのパックに入れ、滅菌処理を施します。
    滅菌パックは滅菌後も、開封するまで滅菌状態が続きますのでとても衛生的に管理ができます。当院では、治療の直前に開封し、使用します。

    世界基準の高圧蒸気滅菌器
    世界基準の高圧蒸気滅菌器

    高圧の蒸気により、全ての菌やウイルスを滅菌する機器です。
    当院では、医療先進国であるヨーロッパ基準、EN13060のクラスB規格をクリアした、高圧蒸気滅菌器を導入しています。通常の高圧蒸気滅菌器よりも真空状態を作り、より確実に滅菌することが可能です。
    滅菌パックに入れた器具は、全てこの滅菌器で滅菌処理を行っています。

    各設備専用の滅菌液
    各設備専用の滅菌液

    熱に弱く、高圧蒸気滅菌器を使用できないものや、診療ユニットに備え付けのバキューム(吸引装置)などは、専用の滅菌液を使用し、処理を施しています。

    紫外線灯滅菌棚
    紫外線灯滅菌棚

    紫外線の光を当てることで滅菌しながら保管が可能な棚です。
    滅菌が済んだ治療機器は、治療の直前までこちらの棚で保管します。

    使い捨て用品
    使い捨て用品

    洗浄・滅菌ができないエプロン、グローブ、紙コップ、注射器などはすべて使い捨てのものを使用し、患者様ごとに新しいものを使用しています。

    口腔外バキューム
    口腔外バキューム口腔外バキューム

    歯を削る際に飛び散る細かな歯の粉・金属片・唾液などの目に見えない粉塵を、すばやく吸い取ります。汚染源が診療室に広がる前に確実に捕集ができるので、診療室をクリーンな状態に保ち、治療を受けられる患者様の健康を守ります。
    また、歯を削るときに発生する水しぶきなどが患者様のお顔や着衣にかかるのを防ぎます。

    空気清浄機
    空気清浄機

    待合室と診療室には、空気清浄機を設置しています。
    空気中に浮遊している物質を捕集し、院内の衛生管理の徹底に努めています。また、歯科医院特有のニオイも取り除き、リラックスしていただける環境作りに取り組んでいます。

  • 位相差顕微鏡

    位相差顕微鏡

    お口の中の細菌や細胞を観察できる顕微鏡です。
    口腔内には、沢山の細菌が生息し、これらの細菌が歯を失う原因となっています。実際にお口の状態をご確認していただくことで、歯周病や虫歯予防の大切さや予防方法をお伝えしています。

  • 寒天コンディショナー

    寒天コンディショナー

    寒天が原料の印象材(歯型をとるためのやわらかいゴム状の素材)を、常に保温し治療に適切な状態で保管する器械です。
    保温してあることで、お口に入れた時の違和感を感じにくくし、さらに、いつでも使える状態になっていることで治療時間を短縮できます。

ペアナードオダサガ3Fに歯科医院開院!